スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家流?!?

昨朝 滅多に寝込まない娘(三女)が発熱
ずっと前から楽しみにしていた予定を 全てキャンセルして
なるべく一緒に過ごすことにしました
      _0019814_convert_20120823124542.jpg
熱は 午後〜夕方にかけて お決まりのように上がり
夜には かなりしんどそうな様子の娘 ...
梅醤番茶を飲ませて あとはひたすら 気になるところに ”お手当て”
ぐずぐず言っていたのが いつの間にか静かになり 寝てる...
私も 休める時に休んで... と寝ていたら
早朝に「お茶!汗かいたから 着替え!」の声で起こされ
慌てて お茶を飲ませ 着替えさせると また すこん!と寝る娘
そして 次に起きた時には 開口一番
「あ〜 お腹空いたっ! 梅干し入りおむすび 食べたい!!!」
もう大丈夫だね〜良かった と ひと安心

子供だけでなく 大人も 熱が出たら大抵このパターンでいく 我が家
ちょっとした熱 等の症状では 病院や薬には 頼りません
と言っても 勿論 ムキになって「病院 NO!!! 薬 NO!!! 」ではなく
時と場合によっては まず病院へってことも あります
ただ 何でもかんでも すぐに病院や薬に頼って
出ている症状がおさまりさえすればいい というのは 違う気がするので
まず 様子をしっかりと観察して
鼻水や咳 湿疹や熱も「しっかり出ていくことに 意味がある」と感じたら
”からだから いらないものが出ていってしまうのを 待つ” 態勢に
軽い症状なら このやり方の方が 意外と早く快復に向かい そして何より
後がと〜ってもスッキリっっ なんです

こうやって 自分のからだ 家族のからだを 観察してると そのうち
「ん?  な〜んか 調子イマイチ?」
「おっ! 今が ツラいピーク? もう少し頑張れば ラクになっていきそう!」
「うん! この目の感じは もう大丈夫♪」
みたいなことが 何とな〜く感じられるようになってくるので
寝込んでも 余計な心配をしなくなります
心配は 決してゼロじゃないけど(特に子供の場合)
でも過敏に おろおろ イライラしたりしなくなる と言いますか
その為には 気になるところに手を当てる "お手当て” も 大事
「治れ〜〜〜」って 願掛けするんじゃなく
ただ「ここ どんな感じ? ツラい? 早くツラいの 過ぎてくといいね」って
やさしく手を当てるだけ...
当ててる手を通して「今 ホンット苦しいの」「そろそろ大丈夫!」
というような感じを 受け取ることもあるので
手を通して 相手のからだとお話してるようなものですね〜♫
お手当てしてもらった人は ただただ気持ち良いし お互いにイイ

こうした対応をすることで 病院や薬にかかる時間やお金は減ってくるし
家族や自分のからだのことが より解るようになってくるし
もっと言うと 人間のからだそのものへの信頼や愛情も 沸いてきます
おぉ〜 素晴らしい〜〜〜
と思われましたら 今度周りの誰かが ちょっとした不調を訴えた際に
目の色変えて病院へまっしぐら!!! の前に 
相手をしっかり観てあげて そして 少しお手当て をしてあげて下さい
やってみたら 案外 難しくなくて お互いにイイものですよ〜♪
お試しあれ                        Kae
      _0020019_convert_20120908082712.jpg

コメント

うわ〜解ります!!!

queensalmonさん、何度も頷きつつ、コメント読ませて頂きました(笑)
運動会前日とか、そういう「なんでこのタイミングに???」って時に、突然の高熱...あります、あります(^^;
我が家の娘達も、3人とも滅多に寝込まないのに「なんでピンスポットついたかのように”今日” 寝込むんだ〜!」ってことばかりで、そのおかげで(?) ”今” しっかり向き合って、観察して、体温計の数字だけでなく自分(母)の感覚をフルに活用して対応する... というのが身についてきたのかも〜と思います。今にして思えば。
「本能的確信」、はい、ありますね〜(^0^)この言葉は、この感覚を味わったことのある方なら「あぁ〜そうね〜」ってすんなり頷けることと思います。「ここに同じ感覚の人、見っけ〜!」ですよ(笑)queensalmonさんのコメント、そしてブログ拝見してると、しょっちゅう「見っけ〜!」状態で、非常に嬉しくなります☆

「必要とされてる時に、じっくり向き合う」ことは、この夏、しみじみと感じました!「このタイミングを逃したら、きっと後悔する!」って強く感じたので、もしかしたら過去最高じゃないかと思う位、子供達との時間をしっかり味わいましたよ〜♪めちゃくちゃ濃い〜時間でした。すっごく面白かったです(^^)大袈裟な表現でなく、本当に宝物な時間です♡

親子はいくつになってもどこまでいっても親子ですが、距離感はその時々でどんどん変わってくるので、「必要とされてる時に、じっくりと」はすごく大事だな〜と、心から思います。
その「必要とされる時」も、子供からの「”今” こっち向いて!一緒にいて!」サインも、年齢によって、その子その子によって違うでしょうから、常に目も心も感覚も、子供に向けてないと、ですね〜!
とはいえ、必死になり過ぎず、こだわり過ぎずに(^-^)手も口も出し過ぎずに(笑:これが一番難しいかも〜?!) ちゃんと見守りつつ、それを楽しんでいけたらな〜♫
お互いにこれからも、そんな時間&感覚を楽しみつつ、大事にしていきましょう〜♡

  • 2012-09-10 08:02
  • URL
  • Kae #-
  • Edit

同感同感・・・
私も本能に従い、頑固にストイックになりすぎず
熱も、まず手やどこか体の一部で触って、アラマ大変熱あるわ~と
感じてから体温計でどこまで高いか確かめるって感じでしたね。
我が息子は、運動会の前日に40度の熱だした事もあり、鼓笛パレードの大太鼓だったから、絶対行くんだ~と。
インフルとかそういうものではないという本能的確信(笑)はあったのと、病院連れてけば、母は心配して
翌日熱が下がったとしても、運動会に連れて行くのにひと悶着になるだろうしと簡単に予測がついたので、
病院にはいかず、治りたい息子の強い気持ちと、私の寄り添う励ましのそして戦う愛(笑)によって、翌日36度台に下げ、無事全てのプログラムに出る事が出来ましたよ。熱下がってからは咽喉が痛くて、何も食べれず、飲むのも大変という状況でしたが、頑張ってました、そして
私は、涙涙でみてましたっけ。
こういう治療は、気持ちと時間に余裕がないと出来ないのでしょうね
今思うに。大事な一時、ホンの一時なのに、なかなか子供とじっくり向き合えずに、大事な時期を見過ごしてしまう事もありそうですね。
子供は、手がかからなくなったと思ったら、本当にドンドン自分で出来る事が増えて、出番がくるまで、自分の事ができるようになるものだから、必要とされてる時に、じっくり向き合うのがいいんじゃないかなとシミジミ思います。
kaeさんとこの娘さん達、きっと一緒に過ごせたこの夏も、とっても
心が成長したのではないかしら。
いい時間が流れてるのが感じられて、とてもいい気持ちになります。
  • 2012-09-09 15:29
  • URL
  • queensalmon #6XN..03A
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

アロマセラピスト Kae

Author:アロマセラピスト Kae
 香川県三豊市三野町在住
自宅の一部を開放して、アロマテラピーのセッションスペースを開いています
出産、育児を通して自然療法に関心を持ち、数年前から、アロマテラピーとボディワークをライフワークにして活動中です

Aromatreatment space 虹
 OPEN:10:00~17:00
 不定休(お手数ですがその都度お問い合わせ下さい)

*トリートメントのメニューについては、カテゴリーの「メニュー」をクリックして、各コースの内容や料金をご確認下さいね!
*今のところ、『女性限定』『完全予約制』となっておりますので、ご了承下さい!

 

全記事表示リンク

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メール(ご予約・お問い合せ)

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

虹のカウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。